TOP » ココロとカラダに効くコラム » ココロの教育 -COCOIKU-

ココロの教育

親子でストレスに強くなろう

子供たちがさらされている多くのストレス

私たちの身の回りに起こる出来事には、大なり小なりのストレスが含まれています。
人間関係、仕事や学校など、数え上げたらきりがありません。
しかもストレスにさらされているのは大人だけではなく、子供たちも自覚のあるなしに関わらず、学校や先生、友だちや成績など、多くのストレスが含まれる中で生きています。
普通に生活しているだけで、外から刺激を受け、ストレスと反応が起こっているのです。
さまざまな刺激を受けると、ストレス反応またはリラックス反応を起こします。
刺激が正常な範囲内であれば、ストレス反応をしても休息、睡眠、リラクゼーションを取ることで、ストレス対処能力が身につき、リラックスした状態へと戻していけます。
ただ、長期間ストレス状態が続いたり、過度なストレスがかかったりすると、心身の回復機能が低下し、さまざまな問題となって表れてしまうのです。

子供のストレスは体の不調に表れる

子供のストレスは、多くの場合、体の不調となって表れてきます。
子供のこんな症状に心当たりはありませんか?
よくあることだからといって放っておくと、症状が慢性化してしまいます。
日常にストレスはつきものですが、まだストレス対処能力が育っていない小学生の場合、親がストレスを対処できるように上手くリードしてあげることが大切です。

親子で取り組もう! リラクゼーションのある生活と環境づくり

リラクゼーションはストレス反応を軽くする効果があります。
さまざまなリラクゼーションの手法を試し、子どもに合った方法を日常に取り入れて、
ストレス耐性を高め、健やかに毎日を送れるようにしてあげましょう。
体を使って取り組むリラクゼーション方法


体を食事でひと工夫するリラクゼーション方法


環境で調整するリラクゼーション方法



親子でストレスに強くなろう!

親がストレスから子供を守りすぎても、子供にストレス対処能力がつかず、ストレス環境に弱い人間に育ってしまいます。
しかし、親が気づかない小さなストレスが積み重なると、子供の体調不良や言動につながりますから、子供の様子をしっかりと見守り、少しでも異変に気づいたときはコミュニケーションをとって、早めにストレス解消の道を探りたいものです。
現代社会にはたくさんのストレスがありますが、日常からストレスに対抗できるリラクゼーションの場を意識的に設け、親子でストレスに強くなりましょう。
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP