TOP » ココロとカラダに効くコラム » 教育のお金の話

教育のお金

子どもの将来を見据えた独自の教育方針やカリキュラムが大きな魅力となり、
年々関心が高まる私立中学校への進学。
その私立中学を受験する子どもの保護者が気になること。
それは、子どもの成績、志望校選び、そしてお金の問題ではないでしょうか。

受験に向けて頑張っている子どもを応援したい! 
でも、私立中学校へ進むためには、どれくらいの費用が必要になってくる?
私立中学校へ進むと、一体、どんな費用を支払うことになる?
我が家の家計でも大丈夫?

他人には聞きにくいけれど、やはり知りたい、知っておきたいお金の事情。
まずはココロコミュで、教育のお金のリアルな現状を知り、準備することから始めましょう。
中学受験は、子どもも保護者も事前の対策が大切です。
※文中の金額は図表の数値を四捨五入しています。

私立校と公立校のお金の差はどれくらい?

教育のお金の実情を知らなくても、何となくわかっているのは私立校と公立校で支出金に差があるということ。
では、私立校と公立校でいったいどれくらいのお金の差があるのでしょうか?

中学校の1年間の年間平均総学習費は、私立128万円、公立46万円


1年間の「子どもの総学習費」平均額を比較してみると、私立中学が約128万円、公立中学が約46万円。
私立中学では、授業料や入学金が必要となるため、「学校教育費」が割合を占め金額も大きくなっています。 私立中学に入学して子どもの将来に活かすことを考えれば、決して無駄なお金ではありませんが、支出としては大きい金額になるため準備が大切になってきますね。
まずは家族で、計画的に資金対策を考えてみましょう。

下表の「子どもの総学習費」とは、1人 の子どもに必要な「学校教育費」+「学校給食費」+「学校外活動費」のことです。
「学校教育費」は、保護者が子どもに学校教育を受けさせるために支出した授業料、入学金、学用品費などの費用 のこと。
「学校給食費」は、保護者が給食のために支出した費用。
「学校外活動費」は、保護者が学習塾や稽古事など子どもの学校外活動に支払う費用です。

下表の「学年別・年間の総学習費」を見てみると、公立校では高校受験対策が必要となる中学3年生時が53万円、私立校では授業料に合わせて入学金が必要となる中学1年生時が155万円になっています。 ただ、下表からもわかるように、私立校の「総合学習費」は学年が上がるにつれて金額がかなり変わっていきます。
また、高校に進むと「高等学校等就学支援金」として国から授業料の一定額補助があり、各府県の自治体からも授業料の負担軽減支援があります(平成25年5月現在)。
どの学年で支出が膨らむかを知っておいて、事前に準備しておくと良いでしょう。

学校教育費の支出、私立校と公立校で何が違う?

私立校の「子どもの総学習費」の大半を占めるのは、授業料、入学金、学用品費、通学費などの「学校教育費」です。
私立校と公立校の費用の差はこの「学校教育費」によるものが大きくなっています。公立校と私立校の「学校教育費」 は、いったい何がどのように違うのでしょうか?

私立中学校の学校教育費の約7割を、授業料や入学金等が占める


私立中学の「学校教育費」は99万円(E)、公立校の「学校教育費」は13万円(D) で、かなり差があります。
私立中学の「学校教育費」は全体の約7割を授業料や入学金などが占め、公立校にはそれらがないために当然差が出てきます。 ただし高校での授業料は、「高等学校等就学支援金」や各府県の「授業料支援補助金」を受けることができます(平成25年5月現在)。
また私立中学では、教育方針として学校行事や学校外教育に力を入れている場合が多く、それらの充実度に見合った諸経費(教科外活動費など)も必要となっています。
通学距離により、「通学関係費」がかなりかかることもあるようです。
子どもの志望校の特徴を見極めることは大切ですが、同時にその諸経費についても考えておきましょう。

学習塾費用にどれくらいかけている?

「子どもの総学習費」のうち「学校教育費」と共に大きな「学校外活動費」。
この中の「補助学習費」に含まれる「学習塾費」も、教育のお金として大きな割合を占めます。
私立校と公立校で費用に差はあるのでしょうか? どれくらいの金額をかけているのでしょうか?

私立中学校生の学習塾費は、平均12万円


中学校の「学校外活動費」を見ると、公立校が29万円(F)、私立校が28万円(G)で
わずかな差ですが、そのうちの学習塾費や家庭教師費などを含む「補助学習費」は、
公立校が23万円(H)、私立校18万円 (I) で、公立校は
「補助学習費」が大きくなる傾向にあります。
私立校では授業で中学課程や高校課程を早めに終えるなど、
学校として受験対策に注力することが多く、中学から高校2年まで
塾費用も減少しています。塾や予備校に大学受験直前まで
頼らない子どもが多いことも、私立中学の特徴と言えます。
中学校での「学習塾費」の平均額は、公立校は18万円(J)
私立校は12万円(K)ですから、 保護者としては学校教育費と
学校外活動費の差も理解しておくと良いでしょう。
ちなみに私立小学校の学習塾費用は、6年間の平均が36万円(L)で、小・中・高で最も大きな金額となっています。



実際、私立中学校の入学金や授業料ってどれぐらい?

公立校よりも様々な教育費が必要となる私立校。
私立中学に合格すると、まず入学金や授業料という大きな費用を要します。
早めの準備が大切なこれらの費用。実際のところいったいどれくらいの額が必要になるのでしょうか?

大阪の私立中学校入学時の納付金は、平均820,000円


私立中学に合格すると、学校への納付金が必要となります。
大阪の私立中学63校の入学金等の平均は約21万円となっていて、ほとんどの学校が20~30万円。
学校によってそれほど大きな差はありません。
授業料等は、学校によって他の諸経費を含んでいる場合があり一概に比較はできませんが、63校の平均は約61万円。50万円~70万円の学校が多くなっています。
併せて考えると、私立中学校入学時の納付金平均は82万円。
この他にも制服や教材費、積立金、設備費など様々な費用が発生するので、早い時期からの準備が必要になってきます。 各校の詳細はHPでご確認ください。

※関西圏では、大阪私立中学校高等学校連合会のみ「納付金一覧」情報が掲示されているため、参考掲載しています。

実際、私立中学校の入学金や授業料ってどれぐらい?

私立中学受験を考えると、知らずにはいられない教育のお金の現状。
まとめてみると…

  • 私立中学に入学すると、総学習費として1年に平均128万円が必要。
  • 私立中学1年時には入学金などがあるため、総学習費として1年に平均155万円が必要。
  • 私立中学の総学習費の8割が学校教育費。学校教育費の7割は授業料や入学金。
  • 私立中学入学以降の年間学習塾費は平均12万円。
  • 大阪の私立中学校の入学時納付金は平均82万円。
  • 高校からの授業料は、国や各府県の自治体からの補助支援がある。
子どもの私立中学受験を考えるなら、勉強を頑張る子どもを応援するだけでなく、
保護者として必要なことを把握して、家族で対策を練っていくことが大切です。

私立中学は、学校独自の教育方針やカリキュラムがあり、子どもの個性に
合わせて才能を伸ばし、将来を見据えた段階的な教育が可能ですが、
その恵まれた環境で子どもを学ばせるためには、教育資金が
必要となってきます。
慌てることなく、焦ることなく、しっかりと心構えや準備をして、
私立中学受験生の保護者としてのお金の対策を考えていきましょう。

教育のお金の悩みや質問をお寄せください。

ココロコミュでは、今後も教育のお金に関するコンテンツを継続していきます。
私立中学受験に関係するお金の現状を知ると、新たに不安や悩みが出てきませんか?
ぜひ保護者の皆さんの教育のお金の悩みや質問を、ココロコミュまでお寄せください。
寄せられた質問を軸に、教育のお金に関するコンテンツを充実させていきます。

お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP